中高年の病気や症状トップ > > 強皮症(症状・治療)/レイノー現象

強皮症(症状・治療)/レイノー現象

膠原病のひとつの強皮症は、別名全身性硬化症とも呼ばれ、皮膚が硬くなるのが特徴の病気です。 一般的に30歳〜50歳の女性に多くみられる病気です。

強皮症の症状

初期症状はレイノー現象がみられ、その他手指のこわばり、
腫れぼったくなったり、皮膚が硬くなっていきます。
皮膚の色は黒くなり、進行数と指が曲がったままで伸ばすことが難しくなります。
指先の潰瘍や爪の変形も見られることがあります。

さらに症状が進行すると皮膚が硬くなる状態が、全身に広がっていきます。
硬化が食道や腸などに及んでくると、胸やけや下痢など、それぞれの部位によって様々な症状があらわれてきます。

レイノー現象について

レイノー現象は冷たい空気や氷水に指をさらすと、指先の色が蒼白、紫色、紅潮に変化する現象で、膠原病の症状のひとつとして現れます。
冷たい刺激だけではなく、ストレスや緊張でもこのような現象が起こります。

治療について

原因がまだ分かっていない病気ですから、根治治療はありません。
それぞれの症状に合わせた対症療法を中心におこなわれます。

スポンサードリンク

関連記事一覧 >>

関連記事

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。