中高年の病気や症状トップ > 特集 > 長寿祝いについて

長寿祝いについて

人生の一つの節目として長寿を祝う日があります。その祝いをする年齢には還暦が有名ですね。還暦は満60歳で祝うもので、赤いちゃんちゃんこを着て祝うというのを良く聞くと思います。
まずは長寿祝いの年齢について見てみましょう。

長寿祝いの年齢一覧

還暦(61歳)
昔は人生50年と言われていましたので、還暦を迎えるということはとてもおめでたいことでした。現在では長寿化して還暦を迎えてもまだまだ現役で仕事をしている方も沢山いらっしゃいますね。
還暦は干支(十干十二支)が一巡して、生まれた年の干支に戻ることがその名の由来です。

古希(70歳)
60歳ではまだまだ現役の人が多く、長寿祝いというのがご本人にとって実感がわかないかもしれませんが、古希となると長寿祝いとして盛大に祝う人も増えてきます。

喜寿(77歳)
喜の崩し字が七十七と読める形から由来しているようで、古希と同じく盛大に長寿祝いをされる方が増えてきています。
ちなみに喜寿祝いの場合は色は還暦の赤ではなく、紫となります。喜寿は現在の男性の平均寿命ぐらいなので、みんなでお祝いするには最適な節目かもしれませんね。

その他、長寿祝い
80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿・・とその後も長寿祝いが続いていきます。

長寿祝いに最適なプレゼント

長寿祝いにはなにをプレゼントするのがご本人にとっていいのか・・・
プレゼント選びは非常に難しいですね。
お勧めのプレゼントとしては単にモノだけではなくて、ご本人にとってゆかりのあるものや、思い出深いものをプレゼントしてあげると、今まで歩んできた人生をちょっと見返すきっかけになるかもしれません。
そんな印象に残る品の一つとして、似顔絵がお勧めです。そこにお祝いする人たちのメッセージを書きいれるとさらに喜びも大きくなると思います。

似顔絵はどこで作ればいいの?
似顔絵と言っても今まで似顔絵を作ってもらった人はなかなかいないと思います。
最近では写真を送ればインターネット上で似顔絵を作ってもらえますので、非常に利用しやすくなりました。オススメなのはちゃんとした似顔絵師による手描きの似顔絵です。
写真をトレースしたようなデジタルチックな似顔絵販売もありますが、やっぱり手描きのほうが温かみがありますのでプレゼントとしてお勧めです。

お勧め似顔絵サイト
お勧め似顔絵サイトの一つが『似顔絵がまだす』です。
似顔絵がまだすでは写真を送るだけで似顔絵師が似顔絵を作ってくれますし、価格もリーズナブルなので利用しやすいです。
詳細はコチラ:安くて人気の『似顔絵がまだす』(長寿祝いページ)
似顔絵ご本人の思い出深い品も一緒に描いてもらうこともできますので、印象に残る作品に仕上げたいですね。

スポンサードリンク

関連記事一覧 >>

関連記事

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。