中高年の病気や症状トップ > 皮膚の病気

年齢を重ねるにつれ肌は潤を失っていく

中年以降になると発汗や皮脂分泌の機能に老化が始まり機能低下が起こります。そのため肌が乾燥しやすくかゆみや皮膚炎を起こしやすくなるのです。
また、更年期を迎えた人には機能低下を始めているにも関わらず多汗の症状が現れることもあります。共に重い病気ではありませんが、万が一のこともあります。少しでも違和感を感じたら医療機関を受診するようにしましょう。

一部・全体に汗が多く出る(多汗症)
多汗症の可能性が高く体質的な要因が関係しています。ただし、症状によっては自律神経や甲状腺の機能異常が疑われます。
皮膚欠乏性皮膚炎
下肢を中心に生じる皮膚の炎症です。肌の潤いが牛縄手始める30代に多い疾患です。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .