中高年の病気や症状トップ > 耳・鼻・のどの病気

加齢によって起こる皮膚の老化現象

のどや鼻の疾患は命に関わる程重篤な事態を招くことはないとおもわれますが、、慢性化しやすい特徴があります。また、症状が表面的に現れないことから発見が遅れ、多くの時間を治療に費やさなければならいこともあります。
どの病気にも当てはまることですが、早期発見・治療であるほど症状は軽く、治療時間も短く、治癒しやすいのです。大切な時間を病院で浪費することのないよう、自身の体の状況を把握しておくようにしましょう。

咽頭炎
細菌などによる咽頭部の炎症が原因です。一般的にはのど風邪と言われています。
扁桃炎
扁桃腺に炎症が生じる疾患で、40℃近い高熱、倦怠感などの症状を伴います。慢性化することもあるため注意が必要です。
睡眠時無呼吸症候群
中年以降の男性に多い症状で、呼吸運動の停止や気道が塞がれてしまうことが主な原因です。
慢性副鼻腔炎
副鼻腔に炎症を起こし膿がたまっている状態です。蓄膿症と呼ばることもあります。

めまい・難聴・耳鳴りなどの症状を伴う病気

更年期を迎えた女性がめまいや耳鳴りの症状を訴えることは多いケースでしょう。確かに更年期障害にもこれらの症状が伴いますが、実は耳の病気が原因となっていることも少なくありません。
耳は音を聞き分けるだけでなく、体のバランスを保つ大事な役割を担っています。病気を慢性化させないためにも、病気の知識、起こりえる症状、治療法などを理解し早期治療を心がけるようにしましょう。

外耳炎
外耳道に炎症が起こり、痛みの症状を伴います。治療せず放置すると激痛や難聴になることもあるため注意が必要です。
急性中耳炎
連鎖球菌、ぶどう球菌等が鼓膜の奥にある中耳に感染し、急性炎症を起こす病気です。
耳垢栓塞
大量の耳垢が耳の穴を塞いでしまう症状です。自分で取り出そうとすると鼓膜を傷つける危険があるので、耳鼻科で耳垢をとってもらいましょう。
真珠性中耳炎
鼓膜の一部が奥に入り込み、袋状のポケットを形成する疾患です。放置すると危険な合併症を起すこともあるため必ず治療をしましょう。

突発的に難聴を起こすことがある

耳やのどの病気は細菌感染が主な原因になりますが、意外なことが原因となったり、原因自体が解明されてないケースも多いのです。
また、耳の疾患は早期発見・早期治療を心がければ改善の可能性が高まりますが、発見が遅れるほど治療が困難になる特徴があります。症状を悪化させないためにも起こりえる症状を把握し、早めに耳鼻科を受診できる体制を整えることが大切になります。

突発性難聴
突発的に難聴を起こす病気で耳鳴りや耳詰まりの症状を伴います。早期治療であれば回復する可能性があります。
慢性中耳炎
鼓膜の穴に炎症を起こす病気です。症状の進行により骨の破壊や顔面麻痺を引き起こすこともあるため注意しましょう。
薬剤性難聴
薬の副作用として難聴が現れることいいます。薬剤の使用中止で回復する可能性があります。
メニエール病
原因不明の病気です。回転性の激しいめまい、難聴、耳鳴りの症状が起こります。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .