中高年の病気や症状トップ > がん > 大腸がん(症状・検査・治療・予防)

大腸がん(症状・検査・治療・予防)

大腸がん

大腸がんは日本では最近急増しているがんで、将来は胃がんや肺がんを超えて多くなってくる癌とも言われています。 これは日本人の食生活が欧米化して、動物性脂肪やたんぱく質の摂りすぎが影響していると考えられています。

大腸がんは部位によって呼び名があり、直腸にできるものは『直腸がん』、それ以外は『結腸がん』と呼ばれます。 早期発見すれば治癒する確率が高いのですが、早期は自覚症状がほとんどないので注意が必要です。そのため、定期的な検診がとても大切です。

症状

初期症状はほとんど自覚症状がないのですが、ある程度進行すると、便に粘液と一緒に血がついていたり、便秘や下痢が多い、腹痛などがあります。

検査

大腸がんの大部分は便潜血反応検査でわかるため、毎年定期的に検査を受けることで大腸がんによる死亡リスクが減るともいわれています。
便潜血検査で陽性反応があった場合や自覚症状が見られる場合は大腸内視鏡検査や注腸造影検査などを行い、癌の疑いがあると組織の一部を取って組織検査します。

大腸がんと診断されたら、転移の状態を調べる検査が行われます。
主にCT,MRIなどが用いられます。

治療

早期であれば体の負担が軽い内視鏡治療で済みますが、がんの浸潤が浅く、直径が2cm未満の時に限ります。 深くまで浸潤していたり、周囲に浸潤している場合は、開腹手術で腸を切除することになります。

状況によっては手術と合わせて化学療法や放射線療法、免疫療法などが用いられます。

予防

大腸がんと食生活との関連性はよく言われるため、動物性たんぱく質は控えて食物繊維を多く摂るように心掛けることが大切です。

大腸がんの早期発見のきっかけとなるのが、定期健診の検便です。
検便で見た目では分からない血が発見されて、病院で要検査となることがきっかけで早期発見出来る可能性があります。そのため定期検診は積極的に受けるようしましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。