中高年の病気や症状トップ > がん > 皮膚がん(症状・予防)

皮膚がん(症状・予防)

皮膚がんについて

皮膚がんは、自分で気づくことができるがんの一つです。
表皮に異常があることが、目視で確認ができますので、皮膚に異常が見られる場合には、早めに皮膚科医の診察をうけるようにしましょう。

早期に発見することができれば大事に至ることはまれですので、早期発見・早期治療が基本です。

皮膚がんの症状

まず、皮膚を自分で見たり触ったりしたときに大きな変化があるかどうかです。
たとえば、しこりのようなものが次々にでき始めたり、形がいびつだったりするときには、皮膚がんが疑われます。

さらに、健康な表皮との見分けが難しい場合や、触ったときに痛みがない場合なども皮膚がんの可能性があります。
また、皮膚の色の変化にも注意しましょう。さまざまな色が混じり合っているような場合や、真っ黒になっている場合も注意が必要です。

皮膚がんに注意が必要な皮膚病

皮膚がんの場合、がんになりやすい皮膚の病気があります。
傷ややけどの痕、日焼けのし過ぎ、放射線による皮膚炎などが挙げられます。

悪性黒色腫といってほくろや黒あざなどが手足にできている場合や、その範囲が広いものにも注意が必要です。

皮膚がんの予防方法

皮膚がんの元凶になるような皮膚病に罹患した場合、すぐに皮膚科医の診察を受けましょう。
また、必要以上に刺激を与えることも避けましょう。

さらに、これは身体全体に言えることですが、発がん性物質とおもわれる食物や飲み物などの摂取をなるべく減らすなどの日常生活にも注意が必要です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。