中高年の病気や症状トップ > 生殖器の症状

ホルモンバランスに影響される体調

女性は40歳〜50歳の時期を迎えると閉経が近くなるため、女性ホルモンの分泌・バランスに急激な変化が起こります。更年期障害とはこの時期にのぼせ、動悸、多汗などの症状を伴うことをいいます。
更年期障害は命に関わる病気ではありません。しかし、症状を悪化させてしまうと鬱状態に陥ることもある怖い病気です。症状が重く辛い場合には我慢をせず、専門医での治療を受けるようにしましょう。

月経周期が乱れる
50代に差し掛かるとを月経周期が乱れることがありますが、これは閉経の兆候であり更年期を迎える前兆でもあります。
のぼせる・ほてる(更年期障害)
更年期障害の代表的な症状です。ホルモンバランスや自律神経の乱れが原因のようです。
動悸がする・手が震える
突如現れる動悸や手の震えは、甲状腺の機能低下が進行している可能性があります。
男性の更年期障害
近年の研究で男性にも更年期障害が起こることが確認されています。主な原因は過剰なストレスや男性ホルモンの分泌低下です。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .