中高年の病気や症状トップ > 泌尿器の症状 > 便秘になる

便秘になる

便秘の原因には腸管が水分量を多く吸収することが原因だったり、便意を我慢することによる排便反射の衰えなどがあります。
そして、中高年に良くみられる便秘の原因としては腸管の蠕動運動が低下することによる便秘が主な原因として考えられます。

蠕動(ぜんどう)運動はなぜ衰える?

加齢に伴って蠕動運動が衰えてくる原因としては、主に筋力が低下したり、ホルモン量が減少することで低下するといわれています。

それを予防するためにも運動、特に腹筋運動で腹筋を鍛えることで腸の運動が活発になりますので、運動を心がけましょう。また水分を多くとって食物繊維を多く含む食事をするといった食習慣も効果的です。

便秘から考えられる病気

便秘を起こす可能性のある病気としては、大腸がん糖尿病甲状腺機能低下症等があります。
特に便秘が突然始まって、症状がひどくなったり、腹痛・血便などを伴う場合は、早めに受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。