中高年の病気や症状トップ > 泌尿器の症状 > 尿漏れ(尿失禁)

尿漏れ(尿失禁)

尿を膀胱の中にためることが出来ないと、無意識に尿が漏れやすくなります。
この尿漏れの状態を尿失禁と呼び、腹圧性、急迫性(切迫性)、溢流性、反射性の4タイプに分類されます。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、中高年の女性に多くみられ、失禁の中でも最も多いタイプです。
咳やくしゃみをすると尿が漏れたり、荷物を持つときに力を入れると尿が漏れるというように、腹部に急な圧迫が加わることで尿が漏れる状態が見られます。

これは骨盤底筋群が加齢とともに弱くなり、尿道を締める筋肉が弱くなったために起こります。 加齢による骨盤底筋群の衰えを予防するためには、骨盤底筋を鍛えるトレーニングをすることが有効です。
また肥満者にも多くみられますので、肥満にならないようにすることも大切です。

急迫性(切迫性)尿失禁

急迫性尿失禁は、トイレを我慢できずに尿を漏らしてしまうものです、
中年以降の男女に多く、脳やせき髄などの中枢神経にかかわる疾患や、膀胱炎などによって膀胱への強い刺激が原因として考えられています。

溢流性尿失禁

溢流性尿失禁は、尿が出にくいが出ると溢れたり、残尿量が多い時に膀胱が膨れて尿があふれ出るといった状態が見られます。 前立腺肥大症や、外傷などによる脊椎損傷や中枢神経にかかわる病気が原因として考えられています。
これはつ年に膀胱が伸びているために、十分に排尿できないために起こります。

機能性尿失禁

機能性尿失禁は気がつかない間に尿が漏れている状態が見られます。
これは中枢神経系の障害や、意識障害、認知症などが原因で、尿意を感じることができなく、排尿の抑制が効かないため、意思とは関係なく排尿してしまいます。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。