中高年の病気や症状トップ > 泌尿器の症状 > トイレが多い(頻尿)

トイレが多い(頻尿)

夜中・日中にトイレへ何度でも行ってしまう頻尿や、尿の出が悪くなったというような症状は、加齢に伴い誰にでも起きてくる症状です。
特に中年以降の男性におこる頻尿は、おそらく前立腺肥大症と関係している可能性があります。

男性は歳をとるにつれて、前立腺が肥大しやすくなり、特に50代から増えてきます。その割合は60過ぎで約半数、80代では約8割の男性が前立腺肥大になると言われています。
つまり、前立腺肥大症は男性なら誰にでも起こりうる症状で、それに伴い膀胱や尿道が圧迫されて頻尿などの排尿障害が起こりやすくなります。

前立腺肥大症となったら?

前立腺肥大症となっても、肥大しただけでは治療には至りません。
ただし、前立腺が肥大することにより、排尿が難しくなったり、生活に支障が出るようでしたら医者に診てもらいましょう。

前立腺肥大症の初期症状は頻尿や排尿が我慢できない、残尿感などの症状ですが、進行してくると残尿量が増えたり、膀胱結石やほとんど尿が出ない尿閉などの合併症を引き起こす危険性もあります。

頻尿から考えられるその他病気

頻尿の症状があるその他の病気としては前立腺がんがあります。
前立腺がんは50歳以降に見られやすく、自覚症状としては頻尿や尿が出にくいと言った症状が見られるようになります。
つまり、前立腺肥大症と同じような症状を持つため、排尿障害が見られる場合は前立腺肥大症なのか、前立腺がんなのか、それとも他に原因があるのかを医師に診てもらう必要があります。

前立腺肥大症の治療は?

前立腺肥大症は症状が生活に支障が出るようでなければ、様子見することがありますが、日常生活では膀胱に負担をかけないように心がけることが大切となります。
また、症状が軽い場合は薬物療法を使用することもあります。

症状が進行して薬物療法などでは効果が見られないときは、一般的に手術が行われます。手術にはレーザー治療、温熱療法、内視鏡手術などいろいろな方法があります。
どの方がベストかは医師との相談をしたうえで決められます。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。