中高年の病気や症状トップ > 背中・腰の症状 > 肩が痛い(五十肩の症状・治療)

肩が痛い(五十肩の症状・治療)

中年以上の方に良く見られる症状の一つとして、肩の痛みがあります。
肩の痛みは骨の痛みよりも、筋肉などに弾力がなくなって、肩が痛むことが多いです。
このような場合は痛みが徐々に強くなり、激痛を伴うこともありますが、自然と治ることもあります。

また50歳前後の人で肩の痛みで思い浮かぶのは五十肩ではないでしょうか。
以下では主に五十肩について詳しくご紹介したいと思います。

五十肩とは?

五十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれ50歳前後の人によく発症します。
肩の関節の周りにある腱の炎症や部分断裂が原因として考えられていて、中年過ぎに起こる老化現象の一つです。

体をあまり動かさない人に多いといわれていて、発病から治るまでにはだいたい半年〜1年半ぐらいが目安となります。なお五十肩には主に急性期、慢性期、回復期の3つに分類されます。

急性期の五十肩

急性期の症状としては、突然肩や腕が痛くなって、何もしないでも痛み(自発痛)が生じたり、痛くて眠れない、腕が上がらないといった症状が見られます。
この場合は安静にして冷湿布などで幹部を冷やします。また、ステロイド剤の局部注射やヒアルロン酸の注射も行われることがあります。

慢性期の五十肩

慢性期になると、何もしなくても痛む自発痛がなくなり、肩を上げ下げしたときに痛むような運動痛だけになります。また、痛みで肩が後ろに回らないという症状も見られます。

慢性期では炎症も引いてくるので、肩を温めることと、運動療法を勧められます。
これは肩関節を動かさないと癒着を起こす可能性もあるからで、痛くない程度に運動します。
このときに有名なのが『アイロン体操』というもので、アイロンを振り子のように振ったり、円を描くように振ったりする運動です。

回復期の五十肩

回復期では肩の動きが悪く、ほとんど動かせないという症状などが見られます。
痛みはなくなってくるのですが、肩に癒着が起こっているから動きがスムーズにいかない状態です。
このときは幹部を温めること、マッサージや体操が大切となります。

このように五十肩はセルフケアが大切で自然治りますが、治るまでには長い期間が必要です。
時間がかかりますので、根気よく気長に運動を続けるようにしましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。