中高年の病気や症状トップ > 背中・腰の症状

中年以降の腰痛、背中の痛みには注意が必要

中高年になると痛みの症状が体のどこかに出てきます。
代表的なのは背中や腰、肩などですが、こららは関節の老化や炎症が主な原因となり起こっています。
しかし、中には内臓に疾患を抱えている場合や、神経の圧迫が痛みの症状を起こしているケースもあるため注意が必要になります。
痛みの症状が現れたとき、どのような病気が疑われ、どの症状が危険なのかを紹介していきます。

腰の痛み
中高年に起こる腰痛には一時的なものが多いのですが、脊椎が変化していることもあるため注意しましょう。
背中が痛い
痛みはの原因は様々です。原因によって治療も異りますので、根治には原因の見極めが大切になります。
肩が痛い(五十肩の症状・治療)
肩にある腱の炎症や部分断裂が疑われます。五十肩は急性期、慢性期、回復期に分類されそれぞれ症状が異なります。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .