中高年の病気や症状トップ > 内臓関連の症状 > お酒に酔いやすくなった

お酒に酔いやすくなった

『お酒の酔いが早く回るようになって、次の日もお酒が残っている感じがする』といった状態は、
肝臓の衰えが原因かもしれません。
実は肝臓は歳をとるにつれて小さくなっていきます。アルコールを分解する力も弱まってくるそうです。
油っこい食生活や飲酒が習慣となっている人は肝機能の衰えが早くなると言われています。

肝機能が衰えると、アルコールが十分に分解されず、脂肪を蓄積させて脂肪肝となる可能性もありますので、注意が必要です。
ひどい場合は肝機能障害を起こすこともありますので飲みすぎには気をつけたいものです。

脂肪肝のリスクについて

肝臓に脂肪が付く原因の一つとしてアルコールがあります。
アルコールが十分に分解されないと、脂肪が蓄積して脂肪肝の原因となります。
脂肪肝自体は特に症状が見られませんが、進行していくと肝機能障害を引き起こすことがあります。

特にアルコール性の脂肪肝の場合は、肝硬変を引き起こし、それが肝臓がんにつながる可能性もありますので、お酒の飲みすぎにはくれぐれも気をつけてください。

肝臓の衰えを予防するために

普段からお酒を飲む習慣があってお酒が好きな人は、休肝日を作ったり、お酒の量を控えたりすることが大切です。
食生活では野菜を多く食べて、油っこいものや甘い物の摂りすぎには注意しましょう。
運動もとても有効で、ウォーキングやジョギング等継続しておこうなうことが大切です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。