胃もたれ

食べた後に胃がもたれる状態は、歳を取るにつれて起こりやすくなります。
加齢に伴い、胃の働きが弱くなり、脂っこい食べ物などが胃の中に長くとどまることで起こります。
そのため、胃の中の食べ物が消化されて治りますが、人によっては慢性的に胃もたれを訴える人もいらっしゃいます。

胃もたれを起こしやすい人には胃の形が「し」のような形状の人や胃下垂の人などが挙げられます。
また胃の機能が低下しやすい高齢者にもよくみられる現象です。

胃もたれから考えられる病気

慢性胃炎
慢性胃炎は、慢性的に胃の粘膜が炎症を起こす状態です。
急性胃炎が継続的に続くことによる原因や、不規則な生活やストレスなども原因として考えられます。
症状としては主に胃もたれ、吐き気、食欲不振などの症状があります。ただし無症状の人もいます。
詳しくはこちら⇒慢性胃炎(症状・治療・注意点)

機能性胃腸症
胃炎や胃潰瘍などの病気ではありませんが、胃もたれや胃の痛みを感じる状態を「機能性胃腸症」といいます。この場合は胃の機能に問題があると言われています。
詳しくはこちら⇒機能性胃腸症(原因・予防・治療)

胃がん
胃もたれの症状は胃がんにも当てはまります。
胃もたれ以外にも吐き気、嘔吐、胃の痛みなどがみられる場合は胃がんの可能性も考えられますので、医者に診てもらいましょう。詳しくはこちら⇒胃がん(症状・治療)

胃もたれが続いたら

市販の胃腸薬でもあまり効果がなく、胃もたれがひどく続くようでしたら、一度医者に診てもらいましょう。
ひょっとしたら、慢性胃炎や委縮性胃炎、機能性胃腸症などの病気が見つかるかもしれません。

なお、胃もたれを予防するには「規則正しい食生活」が第一で、ストレスを避けることも大切です。
また胃粘膜を保護するホットミルクもお勧めです。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。