中高年の病気や症状トップ > のどの症状 > 咳が止まらない

咳が止まらない

加齢によって肺機能が低下することで、咳が止まらなくなったり、痰が絡みやすくなります。
咳は体内に入った異物を排出するために起こる現象なのですが、他に症状がなく咳が長く場合は咳喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の可能性があります。

一方、咳に伴い発熱や、血痰、胸痛などがみられる場合は肺結核の可能性があります。
あるいは肺がんの可能性もありますので、早めに受診するようにしましょう。

各病気について

咳喘息
咳喘息は女性の方が多く、アレルギー体質の人はかかりやすいと言われています。
症状としては『ヒューヒュー』『ゼーゼー』という呼吸音が特徴的で、インフルエンザや風邪をきっかけで発症することが多いです。
そのため、風邪予防として手洗いうがいをしっかり行うことで、喘息をの引き金を予防することが大切です。
詳しくはこちら⇒咳喘息(原因・症状・治療)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)
COPDは40歳以上の喫煙者がかかりやすく、その他にも大気汚染なども原因になることがあります。
肺に炎症が起こるのですが、痰を伴う咳が出ることが多いです。
肺の生活習慣病とも言われていますので、禁煙を心がけることが大切です。
詳しくはこちら⇒慢性閉塞性肺疾患[COPD](原因・症状・治療)

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。