中高年の病気や症状トップ > のどの症状 > 呼吸しずらい(ヒューヒューと息がする)

呼吸しずらい(ヒューヒューと息がする)

呼吸をする能力は加齢とともに衰えていきます。
そのため、激しい運動をしたりストレス下の環境では息苦しさを感じることは不思議ではありません。
ただし、病気の可能性の息苦しさ・呼吸しづらさもあります。

例えば、夜中や朝に呼吸が苦しくて寝付けない、息を吐くとヒューヒュー・ゼーゼーといった音がする場合は喘息の可能性があります。
喘息は大人になってからも発症し、特に大人の喘息では40代を過ぎてから発症する人が多いと言われています。

喘息について

喘息とは気管支に炎症が慢性的に起きている状態です。
気管支に炎症が起きていると気道が狭くなるため、息がしづらくなります。このような息苦しさは、ある日突然起こるといった発作として繰り返されます。

喘息の原因について

喘息の原因としてはほこり、カビ、花粉などでアレルギー反応を引き起こすアトピー型と、風邪や気管支炎、慢性閉塞性肺疾患などが原因とされる非アトピー型があります。

アトピー型の喘息の場合はアレルギーの元となっている原因物質を除去します。
カビやホコリといったハウスダストが原因であることもあるため、家の中はこまめに掃除機をかけて、室内の通気を良くするといった工夫が大切です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。