中高年の病気や症状トップ > のどの症状 > 首のしびれや痛み

首のしびれや痛み

首がしびれたり、めげると痛みを生じる状態は、加齢による関節の軟骨のすり減っていることが原因かもしれません。
特に首の頚椎の関節クッション部分(椎間板)が、加齢に伴ってすり減ってくると骨が付き出てきます。その骨が神経に接触することで、しびれや痛みが生じることがあります。

症状がひどくなるとしびれや痛みが広がり、頭痛や耳鳴り、歩行障害を引き起こす危険性があります。
なお、椎間板がすり減り、頚椎の骨が変形する状態を頚部脊椎症と呼びます。

首のしびれや痛みから考えられる状態

頚部脊椎症
主に歳を取るにつれてなりやすい症状で、先述したとおり、椎間板がすり減り、頚椎の骨が変形する状態です。

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニアは、若い人にも見られる症状で、首(頚部)の椎間板の亀裂、あるいは椎間板の中央にある髄核が外に出ることが主な原因です。

頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)
OPLLは脊椎の靭帯が骨化することで、脊椎が神経を圧迫する病気です。50代前後の男性に起こりやすく、首のしびれが徐々に広がり、歩行障害や文字が書けないといった症状がみられてきます。
原因はよくわかっていない難病として知られています。

予防や対策

まず痛みやしびれがひどい場合は医師に診てもらいましょう。
日常生活では軟骨の主な成分であるコラーゲンの摂取や、カルシウムやビタミンBを含む食品でバランスの良い食事を心がけます。

無理な姿勢はなるべく避けて、適度に首を動かし柔軟性を鍛えることも大切です。
しびれや痛みに対しては入浴などで温める方が良く、首を冷やさないようにしましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。