中高年の病気や症状トップ > のどの症状 > 痰がからむ・痰で咳が出る

痰がからむ・痰で咳が出る

痰が絡んだり、痰で咳が出るといった症状はだれしもが一度は経験したことがあると思います。
歳を取るにつれこの症状が目立ちやすくなってきます。

そもそも痰というのは、気管や肺に入ったほこりやウィルスが付着した分泌物です。
通常はほこりやウィルスをのどに押し出す力があるのですが、加齢や病気などでその力が弱まったりすると痰になりやすくなります。
咳ができるのは痰がのどに押し出されにくくなっているからで、痰を押し出すために咳が出ます。

痰から考えられる可能性のある病気

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性気管支炎と肺気腫のことを慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。肺の生活習慣病の一つで、主な原因は喫煙が考えられています。
症状としては痰や咳の他にも息切れなどの症状が見られます。
詳しくはこちら⇒COPD(治療・予防)

慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は鼻の副鼻腔に慢性的な炎症が生じている状態です。
膿状の鼻水がのどに到達して、炎症を起こし、痰やせきなどの症状を引き起こす可能性があります。
詳しくはこちら⇒慢性副鼻腔炎(治療・注意点)

スポンサードリンク

痰がからむ・痰で咳が出るは以下のカテゴリに属しています。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .