中高年の病気や症状トップ > 皮膚の症状

加齢によって起こる皮膚の老化現象

加齢による老化現象は筋肉や脳が代表的ですが、皮膚にもその現象が出てくることがあります。
その多くが心配の必要がないものですが、中には病気のサインとして起こることがあるため、どのような症状が危険なもので、どのような出方をするのかなど症状事の特徴を把握しておく方がいいでしょう。

顔や手のシミ
シミにも様々な種類がありますが、病気が原因となり現れることがありますので注意しましょう。
急にほくろができた。変なほくろができた。
ほくろは誰にでも見られるものですが、中には注意が必要な場合も。ここでは気をつけたい ほくろについてご紹介しています。
肌がカサカサする
肌の水分が減少する中高年は、肌がカサカサしやすい傾向があります。

中高年は体の変化が著しい

年を重ねるにつれ、体の各所に変化が生じていきます。
特に皮膚は長年の蓄積、加齢なが原因となり、様々な症状が現れる箇所です。
皮膚に起こる症状は命に関わる重大なものではありませんが、その人の印象を大きく変えてしまうことがあります。ここでは老化により起こり得る皮膚の症状や特徴、予防法を紹介していきます。

皮膚がかぶれる
かぶれには刺激性、アレルギー性のものがあり、それぞれ原因物質が異なります。
加齢臭がする
中高年になると体から独特の体臭、加齢臭が出やすくなります。
肝斑(しみ)
肝斑は長い年月紫外線を浴びることで起こる色素沈着が原因とされています。
そばかす
ビタミンCが不足気味になる中高年には、そばかすが増える傾向があります。

老化が起こす分泌物・量の変化による皮膚の影響

中高年になると老化現象は皮膚にも現れ、かゆみやなどの症状を起こします。
これらの症状は分泌される皮脂の減少や、ホルモンバランスの変化が大きく影響していため、根本的治療が難しい症状ともいえます。
このような症状を緩和・予防するには、生活習慣の改善、日常生活での工夫が必要になるでしょう。

皮脂欠乏性
加齢とともに皮脂の分泌量が減るため、中高年は皮脂欠乏性を生じやすくなります。
皮膚掻痒症
病変が無いにも関わらず、かゆみを感じることを皮膚掻痒症といいます。

INDEX

部位から気になる症状探し
気になる病名を探す

当サイトについて

Copyright(c) 中高年の病気や症状 All rights reserved .