中高年の病気や症状トップ > 顔の症状 > 首や脇に突起のようなできもの(原因・治療)

首や脇に突起のようなできもの(原因・治療)

首や脇の下などに突起のようなできものは、首いぼ(スキンタッグ)と呼ばれ、中高年に見られやすい老化現象です。特徴としてはブツブツとした小さな突起で、色は肌色、褐色、黒など様々です。

首いぼ(スキンタッグ)の原因は?

中高年にできやすい現象ですが、主な発生原因は分かっていません。
この突起物は軟性繊維腫で老化現象とは考えられています。
あと、衣類がこすれるところに発生しやすい傾向にあります。

治療方法について

悪性のものではないので、一般的に治療する必要ないといわれています。
ただ、この首いぼは衣類がこすれるところにできやすいため、衣類のこすれによって出血や痛みが生じたりする場合はお医者さんに診てもらいましょう。

主な治療方法は切除手術です。
切除手術の方法としては、レーザー治療、患部を凍結させて切除する凍結療法、医療用ハサミを使った切除などの方法があります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。