中高年の病気や症状トップ > 顔の症状 > 顔にいぼができる(原因や治療)

顔にいぼができる(原因や治療)

いぼは表面がざらざらしていて、大きさは数ミリ〜3センチぐらいのものが多いです。
顔だけではなく胸や背中などにもできやすく、加齢によってできやすいと言われています。

なぜいぼができるのか?

いぼは皮膚が老化することでできやすいと言われています。
そのため、中年を過ぎたあたりからいぼが見られやすくなります。
皮膚の老化の一つの原因としては紫外線があります。紫外線によって表皮細胞にメラニンが取り込まれやすくなり、その結果いぼが生じやすくなると言われています。

いぼの治療や予防

いぼの発生を予防するためには紫外線を防ぐことが大切です。外出するときは出来る限り紫外線対策することが予防につながります。
なお、いぼは特に治療の必要がありませんが、審美的に気になる場合は皮膚科や美容外科で切除手術を受けます。切除手術の方法としては、レーザー治療、患部を凍結させて切除する凍結療法、電気焼灼などの方法があります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。