中高年の病気や症状トップ > 顔の症状 > アテローム(できもの)ができる(原因や治療)

アテローム(できもの)ができる(原因や治療)

顔にブツブツした塊のようなものができた場合、それはアテローム(粉瘤)の可能性があります。
アテロームはだんだんと大きくなりますが、ほとんどは良性のものです。

アテロームの原因

アテロームは角質や皮脂が袋で、皮膚の表面にできます。通常なら角質や皮脂ははがれおちるのですが、それがはがれおちずに皮膚の中にたまることが原因です。
それではなぜ皮膚の中に溜まってしまうのかと思いますが、実のところまだその原因はわかっていません。

アテロームのできる箇所

アテロームは顔だけではなく、どの部分にも生じる可能性があります。
その中でも特に顔、耳の後ろ、背中、頭などに生じやすいと言われています。

アテロームの治療

アテロームは基本的に良性のもので、アテロームを切除することで治療します。
手術はアテロームができた部位や大きさによって変わりますが、通常は日帰り手術となります。
なお、必ずしもアテロームは治療が必要なわけではありませんが、化膿を繰り返したり、肥大化、稀にガン化することもありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。