中高年の病気や症状トップ > 顔の症状 > 片側顔面けいれんの原因・治療(顔がピクピクひきつる)

片側顔面けいれんの原因・治療(顔がピクピクひきつる)

顔の片側がひきつったり、目の周りがピクピクとなる場合は片側顔面けいれんの可能性があります。
中高年において発症することが多く、一過性の症状であることが一般的です。

片側顔面けいれんの原因

片側顔面けいれんの原因としては、緊張やストレス、疲労などが考えられます。
このような要因がきっかけとなって、顔の筋肉を動かす顔面神経が血管に圧迫され、片側顔面けいれんが発症しやすくなります。なお、発症は中高年の女性が多いと言われています。

片側顔面けいれんの症状

代表的な症状は顔の片側での痙攣で、進行していくと顔の痙攣から首筋に広がることがあります。
また、目の周辺の痙攣から、目が開けられなくなるまで症状が進行することがありますので、生活上不便に感じる場合は医者に診てもらいましょう。

片側顔面けいれんの治療

一過性の場合は特に問題ないと言われますが、症状が重い場合は治療を行います。
治療方法には神経に接触している血管を切り離す手術や、ボツリヌス注射による薬物療法などがおこなわれます。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。