中高年の病気や症状トップ > 顔の症状 > 顔のむくみ

顔のむくみ

顔のむくみは良くみられる現象で、特に筋肉量の少ない女性の方がむくみやすい傾向にあります。
また、加齢によってもむくみやすくなり、女性の場合は更年期を迎えて女性ホルモンが減少することでもむくみやすくなります。

朝起きた時にむくむといった生理現象は特に心配ないですが、病気によってむくみが生じることもあります。特に原因がわからないむくみは注意しましょう。

何でむくむの?

むくみの原因は細胞と細胞の間に水分が多く含まれる状態です。
飲酒でむくむ場合は過剰に摂取した水分によって、細胞と細胞の間に水が多く含まれてしまうことで生じます。
一方寝起きのむくみは、寝ている間に顔に水分がたまりやすいことが原因です。
ちなみに、中高年になるとむくみやすいのは、血液の粘性が低くなって、水分が毛細血管の外に出やすいことが原因と言われレています。

むくみから可能性として考えられる病気

上大静脈症候群などの血管の病気、心臓の機能低下、ネフローゼ症候群急性腎炎慢性腎炎糖尿病など

むくみに対する治療は?

むくみが飲酒や睡眠不足などの場合は特に心配ありませんが、原因が分からず病気の可能性がある場合は内科で診てもらいましょう。
病気でむくみの原因を検査し、その原因となっている病気が見つかった場合は、その病気に対する治療が行われます。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。