中高年の病気や症状トップ > 口の症状 > 歯が痛む・浮く感じがする(虫歯)

歯が痛む・浮く感じがする(虫歯)

『歯が痛んだり、歯が浮く感じがする、冷たい飲み物を飲むとしみる』、
といった症状がみられる場合は虫歯の可能性があります。
虫歯は子供でもなりますが、中高年が虫歯になると抜歯する可能性が高くなってきますので、早めの治療が大切になります。

主な原因

虫歯はミュータンス菌が歯につくことが原因で、歯についた菌が乳酸や酢酸を作り虫歯が進行していきます。
中高年の方は『唾液の分泌量が少なくなって、歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなり歯垢ができやすくなる』、といった要因からミュータンス菌が繁殖しやすくなり、虫歯になりやすい状態にあります。

中高年の虫歯の特徴

中高年の方は虫歯にはいくつか特徴があります。
まず以前治療した歯の再発が多くなってくるということです。
そして、虫歯治療で抜歯に至る確率も高くなってきます。
歯が抜けて自分の歯が減ってくると体にも影響してきますので、虫歯予防・そして虫歯が発生した時は早期治療が大切になってきます。

虫歯の治療について

歯に違和感を覚えたら早めに見てもらいましょう。
虫歯の進行が浅い場合は、虫歯の進行をおさせる薬を塗ることで治療が行われます。しかし進行が進んでくると、それだけでは治療ができず、虫歯を削って、金属などで削った個所をかぶせる治療を行います。
さらに虫歯が進行している場合は抜歯をすることがあります。抜歯後は入れ歯をするかインプラント、ブリッジと言った方法で、失った歯を補います。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。