中高年の病気や症状トップ > 口の症状 > 歯茎の腫れ

歯茎の腫れ

歯茎の腫れは主に歯周病が原因となっています。
歯茎が青黒くなったり、歯茎からの出血、口臭の原因にもなりますので、
しっかりと治療・予防することが大切です。

主な原因は歯周病

歯周病は歯に付着した歯垢の中に混じっている歯周病菌が、歯肉や歯槽骨を侵食することで起こります。
このような状態では歯周組織に炎症がおこりやすくなり、ちょっと歯磨きをしただけでも歯茎から出血しやすくなります。そして細菌が増殖すると口臭のもとにもなります。

歯周病が進行すると?

歯茎の腫れのもとになっている歯周病が進行してしまうと、歯槽膿漏となってしまいます。
歯槽膿漏では歯周病以上に歯茎の炎症や腫れがひどくなって、歯が抜け落ちる危険性もありますので、放っておかずにしっかりと治療してもらいましょう。

歯茎の腫れの予防は?

歯茎の腫れをまず予防するためには、歯磨きをきちんと行うことが大切です。
食事の後は必ず歯磨きを行ない、正しいブラッシングで歯を磨きます。正しいブラッシングがわからないときは歯科に行って指導してもらいましょう。
また喫煙者は特に歯周病になりやすいため、禁煙を心がけ、体調管理もしっかり行うことが大切です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。