中高年の病気や症状トップ > 口の症状 > 歯のかみ合わせが悪い

歯のかみ合わせが悪い

歯のかみ合わせが悪くなる状態は特に50過ぎの女性に対して見られやすいといわれています。
かみ合わせが悪くなると、食べ物を食べたときに歯がガタついたり、歯ぎしり、食べかすがたまりやすくなるなどの症状などが現れることがありますので、ちょっと異変を感じたら、歯科医に診てもらいましょう。

歯のかみ合わせはなぜ悪くなるの?

歳を取るにつれて歯のかみ合わせが悪くなるおおもとの原因は、歯周病と言われています。
歯周病によって歯をさせる歯茎がやせてきて、歯のかみ合わせが悪くなるという流れです。その結果、歯に歯垢がたまりやすくなり、さらに歯周病となって歯のかみ合わせが悪くなるという負の循環になる可能性があります。
そのため、歯周病を予防することがとても大切になってきます。

なぜ歳を取ると歯周病になりやすいのか?

中高年になると歯周病になりやすいのには一つの理由があります。
そのカギとなるものに性ホルモンが関係しています。性ホルモンは口の乾燥から守る働きがあるのですが、加齢によって性ホルモンの分泌が衰え、特に女性の場合は50歳を過ぎると顕著になると言われています。
その結果、歯周病になりやすくなってしまうのです。

予防・治療方法は?

歯のかみ合わせが悪くなる状態を予防するためには、歯周病予防が大切です。
そのためには歯磨きをしっかりと行い、虫歯がある場合は治療をしましょう。

かみ合わせの悪さを治療する方法の一つとして、矯正があります。歯科矯正では咀嚼を改善する目的では医療控除の対象となりますので、歯科医に相談することをおすすめします。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。