中高年の病気や症状トップ > 口の症状 > 口臭がひどい(歯周病の原因・治療など)

口臭がひどい(歯周病の原因・治療など)

口臭の主な原因として歯周病があります。
歯周病は50代以降の日本人はほどんどかかっているといわれており、
中高年の方にとってはとても身近な問題となっております。
ここでは歯周病の原因や治療、予防方法についてご紹介します。

歯周病の原因

50代以上の方のほとんどがかかると言われている歯周病。
どうして歯周病になるのでしょうか?

歯周病とは歯垢に混じっている細菌(歯周病菌)が、歯肉や歯槽骨を侵食することが原因です。
初めのころは自覚症状がほとんどないのですが、口臭や口の中がねばねばしたり、食べかすがつまりやすくなったりします。
その歯周病が進行すると歯周炎と呼ばれ、歯肉が腫れて、口臭や口の中のねばつきがひどくなってきます。

歯周病を予防するには?

歯周病を予防するにはまずは歯磨きが基本です。
歯磨きのやりかたによっては全然歯垢が取れていないこともありますので、歯科に行って正しい歯磨き仕方を身につけるのも一つの方法です。
なお、丁寧な歯磨きのあとにマウスウォッシュや歯間ブラシで歯垢を取り除くことも歯周病予防に有効になります。

歯周病の治療

歯周病の初期段階は歯肉炎と呼び、この段階ではブラッシングによる歯垢の除去で治療可能です。
一方、歯周病が進行して歯槽骨への侵食などがある場合は、外科的手術で治療をすることもあります。なお最近では抗菌薬の服用による歯周病治療もあります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。