中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 結膜炎(急性結膜炎・慢性結膜炎の原因・症状)

結膜炎(急性結膜炎・慢性結膜炎の原因・症状)

急性結膜炎の原因と症状

急性結膜炎とは、まぶたの裏側から、眼球の白目の部分を覆っている薄い膜(結膜)がウイルスや外的刺激などによって炎症を起こしている状態です。

目の検査の時に強い刺激を受けたり、強く目をこすったりしたときにも発症する場合があります。また、紫外線によるものや、薬品などによるものもあります。
ウイルスや病原菌が原因の場合、肺炎球菌・ブドウ球菌、ウイルスの場合には、アデノウイルスやエンテロウイルスなどが挙げられます。

症状は多くの場合急激に現れ、涙が多く分泌されたり、目ヤニ・異物感などの症状があります。
眼球の白目の部分は充血のため赤くなり、まぶたの裏も充血するため、腫れぼったくなります。

急性結膜炎になったときの注意点

注意しなければならないこととして、家族と一緒のタオルを使ったりすると、他の家族にも感染する可能性がありますので、タオルは自分専用にするようにしましょう。
加えて、目を触った手でドアノブなどに触れることにより、他者がドアノブを触れた手で目を触ったりした場合にも感染することもありますので注意が必要です。

慢性結膜炎の原因と症状

慢性結膜炎の原因として考えられることは多岐にわたる場合が多く、細菌・カビ・アレルギー・物理的刺激や化学的刺激などがあります。さらに、細菌が原因によるものもあります。

症状が現れることが急性結膜炎よりもゆっくりと進んでいきますので、正確な発症時期が自分では分からないことが多くあります。
症状は急性結膜炎と同じく、眼球の充血・異物感・目ヤニや目のかゆみなどがありますが、急性結膜炎と比較すると穏やかなものです。

慢性結膜炎の注意点

慢性結膜炎の特徴として、急性結膜炎よりもしつこく、なかなか治癒しない場合があります。途中で治療を投げ出さずに、医師の指示のもと、根気よく治療するようにしましょう。

点眼液等による治療に加えて、生活リズムを整え、十分な睡眠と栄養を摂ることも重要な要素です。
また、必要以上の点眼もかえって症状を悪化させることがありますので、医師の指示を守りましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。