中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 目やに(原因など)

目やに(原因など)

目やにというのは生理現象で誰にでも起こりますが、
年を取るにつれて目やにの量が増えやすくなります。
それは涙を排出する涙管が加齢によって細くなることが主な原因です。
涙管がほそくなる原因にはその他に、炎症や鼻の病気の可能性も考えられます。

目やにから考えられる病気

涙嚢炎結膜炎など。涙嚢炎とは涙をためる涙嚢に炎症が起きている状態です。

その他検査など

目やにの症状があまりにもひどい時は医者に診てもらいましょう。
症状がひどい時は涙の排出を正常にするための治療や原因となっている病気の治療などが行われます。
例えば、目やにの原因が涙嚢炎の場合は、炎症をおさえるために内服や点眼などを行います。
また、涙がスムーズに流れるように鼻涙管に針金(ブジー)を通したり、涙嚢と鼻腔をつなげる手術なども行なわれることがあります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。