中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 目のくま

目のくま

最近目のくまができやすくなるし、なかなか取れない・・。
目のくまは、目の周りの結構の循環がよくないとなりやすく、特に中高年の女性の方になりやすいため悩みの種となっています。
目のくまは病気ではありませんが、目のくまは他の病気症状の一つであったということもあります。ここでは目のくまの原因や予防、そして対策についてご紹介したいと思います。

目のくまができやすい要因

目のくまは若い人もできる症状ですが、主に寝不足や疲労、目の酷使などで、目の周りの血行が良くないことで、黒ずみが起こりやすくなります。
その他の要因としては加齢による肌の老化があります。肌が老化すると色素沈着を起こして茶色くクマができることがあります。

目のくまの予防や対策は?

目のくまはとても目立つので、非常に気になります。
特に女性ですと、なんとか目のくまを改善したい気持ちが強いと思います。
クマができる主な原因は血行不良です。そのため、目の周りをマッサージしたり、蒸しタオルで温めて血行を良くすることが有効です。

また、普段の生活に気を配ることがクマの予防としても大切です。
しっかりと睡眠時間を取り、出来る限りビタミンなどを多く含む野菜中心の食事がおススメです。
血行が悪くなる要因としては喫煙や飲酒等がありますので、これらを控えることも心がけましょう。

紫外線も目のくまやくすみの原因となりますので、日焼け止めや帽子をかぶるといった工夫も大切です。

目のくまの治療

目のくまの治療は美容外科に行くとあります。
例えばレーザー治療や皮膚へのコラーゲンやビタミンCの導入などがあります。

目のくまから考えられる病気

貧血、肝臓に関連する病気、心臓に関わる病気の可能性があります。 睡眠を良くとっても食生活を改善しても目のくまがよくならず、その他症状がみられる場合は医者に診てもらいましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。