中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 老眼の症状や治療(近くが見えにくい)

老眼の症状や治療(近くが見えにくい)

老眼は老化による代表的な症状の一つですが、病気ではありません。
老眼になると近くのものが見えにくくなったり、目が疲れやすくなったりします。
これは年をとるにつれて水晶体の弾力性が低下し、ピントを合わせる調節筋が弱くなることが原因です。

老眼は老化によって進行するのですが、若い時に目がよかった人のほうが早く老眼の症状が見られやすくなると言われています。なお、老眼は65歳ぐらいまで進行していくようです。

老眼の治療について

老眼は目の老化が主な原因のため、治療で完治することはありません。
主に老眼鏡を使用することで日常生活を送ることになります。

老眼鏡には近くを見るための老眼鏡と遠近両用のメガネがあります。
近用専用の老眼鏡の場合は遠くを見る場合はメガネをはずして、近くのものを見るときに使います。
一方遠近両用の多焦点レンズのメガネでは遠近見るために作られていますが、見える範囲が狭くなりますので、目の疲労には気をつけましょう。

老眼の予防

老眼は眼の筋肉の低下によって進行しますので、目の筋肉を鍛えることである程度は進行を抑えることが可能です。
そのためには意識して目を動かすことが大切で、さらに目を酷使した場合はしっかりと休ませることが重要です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。