中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 眼底出血(症状・治療)

眼底出血(症状・治療)

眼低出血は網膜硝子体出血とも言われます。
この眼底出血を引き起こす病気としては、網膜静脈閉塞症、網膜静脈周囲炎、糖尿病腎不全白血病、けがなどの外傷等があります。
特に中高年の場合は網膜静脈閉塞症がよく見られます。この病気は動脈硬化が原因で眼底の静脈が詰まることで眼底出血を引き起こします。
眼底出血のほかにも視力障害、視野障害などを引き起こす可能性があります。

眼底出血に伴う症状

眼底出血がとてもわずかなときは、出血に気がつかないこともありますが、多くは視野変化や飛蚊症に気が付きます。
出血が網膜の中心にある黄斑部分や、硝子体に広がった場合は視力障害を生じる可能性があります。

治療について

眼底出血の原因となった病気を治療することがメインです。
出血に対しては止血剤、血管強化剤、光凝固などが使用されます。
出血が改善されない場合は硝子体手術を行うこともあります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。