中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > ドライアイの症状・原因・治療(目が乾く等)

ドライアイの症状・原因・治療(目が乾く等)

ドライアイは涙の分泌量が関係しています。
特に加齢が原因で涙の分泌量が変化してドライアイになることがあります。

ドライアイになりやすい人

長期間パソコンの前で作業をしている人、車で運転している人などの長時間目を酷使する人がドライアイになりやすい傾向にあります。
またさきほどご紹介したように加齢による涙量の変化でも起こることがありますし、空気の乾燥、コンタクトレンズの使用も原因の一つとして考えられています。
なお、ドライアイは男性よりも女性に多い傾向にあります。

ドライアイの症状

目の渇き、疲れ、ごろごろした感じを受ける。目のかすみや眩しさ、充血など。
また、まばたきが多くなったり、目が普通に開けにくいということも症状としてあります。

ドライアイの治療

ドライアイの治療には一般的に目薬による点眼薬がおこなわれます。
市販でもドライアイ用の目薬は販売されていますので、それを使うこともおススメです。
目薬のほかにも加湿器を利用するなど、なるべく目を乾燥させないように配慮することが大切になります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。