中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 眼精疲労の症状・治療(目の奥が痛い)

眼精疲労の症状・治療(目の奥が痛い)

眼精疲労は目を酷使する現代では誰にでも起こりうる症状です。
特にパソコンで長時間作業されている方が眼精疲労を訴える方が多く、中高年にもよく見られます。
パソコンなどの長期間目を酷使する以外にも、メガネの度数があっていなかったり、遠視や老眼なども眼精疲労になりやすいと言われています。

眼精疲労の症状

目の奥の痛み、目の渇き、頭痛肩こり、吐き気、涙が出るなどの症状があります。
パソコンを長期間見続けないなど、目を酷使させすぎないように気をつけるようにしましょう。

目の痛みでその他可能性のある病気

緑内障ぶどう膜炎脳腫瘍など。
症状がひどいなど、違和感を感じるときは早めに眼科で診てもらいましょう。

治療について

単なる眼精疲労ではなく、その他の病気の可能性がないか調べます。
眼精疲労の場合は眼精疲労に有効な目薬を利用したりします。
目の周りをマッサージすることも有効ですので試してみましょう。

なお、眼精疲労の原因がメガネやコンタクトの度数があっていないことも考えられますので、
度数があっていない場合は作りなおすことが大切です。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。