中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > 飛蚊症の症状・原因・治療(糸くず様なもの見える)

飛蚊症の症状・原因・治療(糸くず様なもの見える)

飛蚊症は歳を取るにつれて起こる症状で、若い人にでもみられます。
病気ではなく、目の硝子体にある浮遊物が網膜に影を作って、小さいゴミみたいなものが視界で動いたり、糸くずのようなものが見えたりするのです。
なお、この飛蚊症は加齢や近視が強い人などで生じやすくなると言われています。

飛蚊症の症状

小さなゴミや蚊、糸くずのようなものが飛んでいるように見えたり、視線を動かすと付いてくる感じがするなどの症状が見られます。目の痛みなどはありません。
ただし、網膜剥離ぶどう膜炎、感染症などが起こると、飛蚊症の症状も見られることがあります。
そのような場合は視野欠損や目の痛みなどを伴うことがありますので、すぐに眼科で見てもらいましょう。

飛蚊症の治療

飛蚊症の原因が網膜剥離、ぶどう膜炎、硝子体出血等の場合はその原因となっている病気の治療が行われます。
飛蚊症自体は病気ではありませんので、通常はそのままにしておくケースがほとんどです。
まれにレーザー治療などでの治療手術を行なっているところも一部あるようです。

なるべく飛蚊症を進行させないためにも、目の酷使を控え、紫外線による目の老化を防ぐためにもサングラスを外出時につけるといった配慮が大切となります。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。