中高年の病気や症状トップ > 目の症状 > ぶどう膜炎の原因・治療(目のかすみ等)

ぶどう膜炎の原因・治療(目のかすみ等)

ぶどう膜炎は目のぶどう膜と言われる部分の炎症で、様々な病気から発症すると言われています。
再発しやすく、中高年の女性に特に多い症状です。 なお、ぶどう膜は目の虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの総称で、ぶどうに似ていることからぶどう膜と言われたようです。

ぶどう膜炎の症状

ものがぼやける、目のかすみ、まぶしく感じる、目の痛み、飛蚊症、虹のような輪が見える、目の充血、ものが小さく見えたりゆがんだり見えるなど。
上記のような症状が炎症の部位などによって見られ、症状が悪化すると緑内障や白内障を引き起こす可能性があります。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜に炎症を起こす原因は様々です。
細菌やウィルスなどの感染によるものや、他の病気の症状として発症することもあります。
そのほかの病気としては、例えばベーチェット病原田病サルコイドーシスなどが挙げられます。

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜炎の治療は炎症の原因や部位によって異なります。
眼球の前側(虹彩、毛様体)に炎症が起きている場合は、炎症を抑える点眼薬での治療が主におこなわれます。
一方、眼球の後ろ側(脈絡膜)に炎症が起きている場合は点眼薬ではなく内服による薬物療法で治療されます。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。