中高年の病気や症状トップ > 脳の症状 > くも膜下出血(原因・症状・治療)

くも膜下出血(原因・症状・治療)

急に倒れて命に関わる状態に陥る、そんな恐ろしい病気がくも膜下出血です。脳を覆うくも膜という膜がなんらかの原因で出血することによって生じる病気です。

主な原因について

「なんらかの原因」の中でもっとも多いのが脳の動脈の瘤ができ、その負荷に耐えかねて血管が破裂してしまう場合です。これを能動脈瘤破裂といいます。
また、遺伝的な要素が大きいといわれており、親族・家系内で何人も発症するケースも見られます。ほかには能動静脈奇形による出血や頭部への激しい出血なども原因として挙げられています。

症状について

症状は頭痛や嘔吐。痛みは前頭部や後頭部に発症します。注意したいのは急に発症すること。
頭痛はいつの間に発生してズルズルと続くことが多いものですが、くも膜下出血の場合は突然発症する特徴を持っています。しかも非常に強い痛みとなります。
ただ、こうした症状がまったくなく、大量の出血によっていきなり意識を失ってしまい、意識不明のまま死亡してしまうケースも多いので大変危険な病気といえます。

治療は難しい

治療は非常に難しく、症状に応じて手術が選択されます。動脈瘤を除去する手術が行われますが、症状の治療というより再発を防ぐための対策となります。
手術にはクリッピングと血管内手術の2種類があります。ただ重症の場合はすでに手遅れで手術ができないケースも少なくありません。

いきなり発症することが多い病気ですが、前段階として上述したような頭痛の症状があらわれることもありますから、気になる状況になった場合には、すぐにでも脳神経外科の診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

部位から気になる症状探し

気になる病名を探す

当サイトについて


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。